鍛造製品の新たな分野を切り開き、さらなる技術開発に挑む

40~100kgを超える商用車向けアイビーム・フロントアクスルという大型熱間鍛造品を主力として、商用車、乗用車、建設機械、産業機械向けの大小様々な鉄鋼製品の鍛造、機械加工品を製造しています。

従来ハンマーで生産していた大物製品であるアイビーム・フロントアクスルを、より安定した品質でお客様へ供給するため、最新鋭の自動プレス(12,800トンスクリュープレス)を導入し2015年より生産を開始しています。

生産

より良い品質でお客様の信頼を築く

トラックの前車軸製品であるアイビーム・フロントアクスルの国内シェア70%を当社で生産しています。
この製品はトラックの足回りを支える重要保安部品として指定されており、高い品質と信頼性が要求されるものです。

生産工程例

生産設備

多様なニーズに対応、ニーズに先手

当社では設備の充実に一層力を入れています。ハンマー中心からフォージングプレス中心の製造ラインへ推進し、市場ニーズにマッチした高品質の製品を安定して供給できる生産体制を整えています。

熱間鍛造プレスライン、ハンマーライン、クロスロールライン、アプセッターラインなどを取り揃えており、お客様の多様なニーズにお応えすることが可能です。

フロントアクスル自動生産ライン(12800tスクリュープレス)

デファレンシャル部品自動生産ライン(4000tクランクプレス)

フロントアクスル手動生産ライン(35tハンマー)

機械加工・組立

金型

鋼材を鍛造するための金型を製作

型打

製品種類により、ハンマ・プレス・アップセッタ等で成形

熱処理

型打後の製品を加熱、冷却して機械的な強度を与える

ショットブラスト

細かな鉄球を高速でぶつけて、製品表面の酸化スケールを除去

曲り取り

型打や熱処理などによる製品の曲りを矯正

材料受入

切断・加熱

製品に合わせて鋼材を切断・加熱

磁粉探傷

磁気探傷装置を使用し、肉眼では見えない表面のキズがないことを確認

最終検査

加工

専用ラインにより、必要部位に穴空け等の機械加工

塗装

お客様の要望による黒色塗装

検査

製品の寸法確認と外観の品質確認

出荷