コンプライアンス

方針

当社は、経営理念として「私たちは、“うごくモノ”を力強く支え、輝かしい未来の実現に貢献します」を掲げています。
当社が存在価値を認められ、この経営理念を実現し続けるためには「コンプライアンス」、すなわち、法令などの遵守はもとより社会の信頼にこたえる高い倫理観をもって従業員一人一人が行動することが必要不可欠であると認識しており、コンプライアンスの徹底を経営上の重要課題と位置づけています。
全ての従業員が、高い倫理観をもった行動を実践することを基本とし、特に、経営トップはこの方針の率先模範を自らの重要な役割と認識するとともに、これに反する事例が発生した時には自らが問題解決、原因追及にあたり、再発防止ならびに社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行します。

行動基準

コンプライアンスに関する方針を実践するため、従業員に対して行動基準を明示しています。

①お客様からの信頼
社会的に有用な商品・サービスを提供することで豊かな暮らし創りに貢献し、お客様の信頼を獲得します。
②公正かつ健全な行動
公正かつ自由な競争に基づいた取引を行います。また、行政・政治と健全、且つ正常な関係を保つとともに、市民社会の一員として、反社会的勢力および団体とは断固として対決します。
③企業情報の開示
株主様はもとより、広く社会的にコミュニケーションをとり、企業情報を適時・適切、且つ公正に開示します。
④従業員の尊重
従業員が能力を最大限発揮できるよう、人格・個性を尊重します。また、安全で働きやすい職場環境を実現します。
⑤環境保全への貢献
事業活動を通して、環境保全に取り組むことはもちろん、社会や地域の環境保全活動にも積極的に取り組みます。
⑥社会への貢献
良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。
⑦国際・地域社会との調和
国や地域の文化、慣習を尊重し、事業活動を通してその発展に貢献します。

推進体制

当社では、コンプライアンスの徹底を実現するための推進体制を整備しています。
管理部門統括が「リスク・コンプライアンス統括責任者」として全社の活動を統括して管理し、当社のコンプライアンス遵守の状況を定期的に社長、経営会議、取締役会に報告しています。
各本部および部門においては、本部長および部門統括が「リスク・コンプライアンス責任者」として、コンプライアンス推進計画の実行、統括責任者から伝達された指示事項やコンプライアンスを推進するために必要な事項を実施しています。また、「リスク・コンプライアンス責任者」を補佐する役割として「リスク・コンプライアンス推進委員」が置かれ、本部および部門内部でのコンプライアンスに関する様々な実務に対処しています。
全社的な推進を司る会議では「リスク・コンプライアンス会議」を毎月開催し、コンプライアンスの方針や年度計画の決定、様々な施策の評価、違反事例への対応の報告、社内教育や啓蒙活動などが協議・承認されています。本会議での指示事項や決定事項が、リスク・コンプライアンス責任者や推進委員を通じて本部および部門の従業員に伝達され、全ての従業員へのコンプライアンス徹底が図られています。

主な取り組み

従業員への教育

従業員のコンプライアンスに対する意識を醸成し、日常業務の関連法規に関する理解度を深めるために、コンプライアンスの教育を実施しています。
毎月、コンプライアンスに関するテーマ(飲酒運転の撲滅、ハラスメントの禁止など)を取り上げ、関連する情報を掲載した「コンプライアンスニュース」を従業員に発信しています。また、年間の教育計画に沿って階層別研修や特定のテーマを取り上げたWEB講習、e-ラーニングでの教育を実施しており、従業員が知っておくべき重要な社内ルールや法規制の内容を教育しています。

コンプライアンスガイドブックの発行

従業員が常にコンプライアンスを意識するとともにコンプライアンスに対する認識を深めてもらうために「コンプライアンスガイドブック」を発行して全ての従業員に展開しています。
コンプライアンスに関する行動基準や従業員が遵守すべき事項と規範を掲載し、ガイドブックの内容に関する教育も実施して、従業員への周知徹底を図っています。

相談窓口の設置

従業員は、コンプライアンス上問題と思われる事案を知り得た場合またはその可能性があると思われる場合にはすぐに報告・相談し、会社は早期に適切な対応を行うことにより、問題の大規模化や長期化を防ぐことが重要と考えています。
そのために当社は、コンプライアンスに対する違反やその可能性に気付いた際の報告・相談窓口として、社内相談窓口および社外相談窓口を設置しており、問題の早期発見と是正に向けた体制を整備・構築しています。