IJTTのサステナビリティ

基本方針

当社は企業理念「”うごくモノ”を力強く支え、輝かしい未来の実現に貢献します」のもと、革新的な技術で作られる最高の品質の製品をお客様にご提供し、世界中の社会で、人々が安全に安心して暮らしていける生活の実現に貢献する企業を目指しています。
また、普遍的な経営方針の1つに「ESG/SDGsを意識した経営に取り組む」を掲げています。当社が果たすべき社会的責任をESG、SDGs等のサステナビリティの視点から推進し、持続可能な社会の実現に貢献して、中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。

推進体制

当社は、サステナビリティの活動を継続的に推進するにあたり、最高責任者を代表取締役社長とし、最高意思決定機関として「サステナビリティ推進会議」を設置しています。サステナビリティ推進会議は、全体の方針、戦略、目標やロードマップなど、サステナビリティに関する重要な事項を議論して決定する意思決定機関の役割を担っています。
実務では、経営企画本部が全体の推進の責任部署として、それぞれの重要課題の推進を担当する部門と協働しながら、全社の活動の取りまとめを行っています。

トップメッセージ

私たちIJTTは、経営理念「“うごくモノ”を力強く支え、輝かしい未来の実現に貢献します」のもと、ESG/SDGsを始めとするサステナビリティへの取組みを普遍的経営方針の一つとして企業活動を進めてまいりました。2022年4月よりスタートする中期経営計画においても、IJTTが企業として求められる社会的責任を果たすとともに、持続的成長を実現するため、①サステナビリティ活動推進本格化 ②カーボンニュートラルへの中長期取組み開始 ③コーポレートガバナンス強化 ④中長期成長戦略へ取組み開始を重点課題として位置付け活動を強化、加速してまいります。

経済社会環境が大きく変化し続ける中、私たちIJTTはサステナビリティ活動に真摯に取り組み、全てのステークホルダーの皆様にこれからも長期にわたってその存在価値を認められ必要とされる企業でありたいと考えています。

代表取締役社長 伊藤一彦

ステークホルダーエンゲージメント

当社の事業は、製品を購入して頂くお客様だけでなく、株主・投資家の皆様、サプライヤー様、地域社会、従業員など、多くのステークホルダーと密接に関わっています。
当社が持続的に成長していくためにはステークホルダーの皆様との相互理解と信頼醸成が不可欠と考え、様々な接点の機会を設けて密接な対話に取り組んでいます。当社は今後も、ステークホルダーの皆様と協力して持続的な成長と発展を目指していきます。

ステークホルダー 考え方 コミュニケーション手段
お客様 お客様のニーズにタイムリーにお応えするために、お客様とのコミュニケーションを大切にしていきます。
  • 日常の営業・提案活動
  • 調達方針・生産説明会等への参加
  • お客様のサプライヤー協力会への参加
株主・投資家の皆様 当社の事業は、株主・投資家の皆様の出資に基づいています。その信頼に応えるため、透明性の高い経営とコミュニケーションを重視し説明責任を果たしていきます。
  • 情報開示(法定開示、東証適時開示、マスコミ対応、ウェブサイトへの情報掲載等)
  • 定時株主総会の開催
  • IRお問合せ窓口の設置
サプライヤー様 当社の製品はサプライヤー様のご協力なしには提供できません。サプライヤー様との公正な取引を実現する基本方針を定め、関連する法令を遵守し、サプライヤー様との共存共栄を目指していきます。
  • 購買基本方針の明示
  • 年度の購買方針説明会の開催
  • お取引先様相談窓口の設置
地域社会 地域社会との共存共栄を図り、地域の持続可能な発展に貢献する活動を推進しています。
  • 納涼祭の開催
  • 献血、エコキャップ運動の実施
  • 地域清掃ボランティア
  • 募金、障害者施設への食材寄付
  • ウェブサイトでの情報公開
  • お問合せ等の受付
  • 業界団体等への参画(日本鍛造協会、日本鋳造協会など)
従業員 当社は、従業員が働き甲斐をもって安心して働ける職場作りを目指しています。そのために、公平・公正で人権に配慮した職場環境をつくります。また、プライバシーや安全を守るとともに、能力向上を支援し働きやすい環境をつくっていきます。
ステーク
ホルダー
お客様
考え方 お客様のニーズにタイムリーにお応えするために、お客様とのコミュニケーションを大切にしていきます。
コミュニ
ケーション手段
  • 日常の営業・提案活動
  • 調達方針・生産説明会等への参加
  • お客様のサプライヤー協力会への参加
ステーク
ホルダー
サプライヤー
考え方 当社の製品はサプライヤーのご協力なしには提供できません。サプライヤーとの公正な取引を実現する基本方針を定め、関連する法令を遵守し、サプライヤーとの共存共栄を目指していきます。
コミュニ
ケーション手段
  • 購買基本方針の明示
  • 年度の購買方針説明会の開催
  • お取引先様相談窓口の設置
ステーク
ホルダー
従業員
考え方 当社は、従業員が働き甲斐をもって安心して働ける職場作りを目指しています。そのために、公平・公正で人権に配慮した職場環境をつくります。また、プライバシーや安全を守るとともに、能力向上を支援し働きやすい環境をつくっていきます。
コミュニ
ケーション手段
ステーク
ホルダー
株主・投資家
考え方 当社の事業は、株主・投資家の出資に基づいています。その信頼に応えるため、透明性の高い経営とコミュニケーションを重視し説明責任を果たしていきます。
コミュニ
ケーション手段
  • 情報開示(法定開示、東証適時開示、マスコミ対応、ウェブサイトへの情報掲載等)
  • 定時株主総会の開催
  • IRお問合せ窓口の設置
ステーク
ホルダー
地域社会
考え方 地域社会との共存共栄を図り、地域の持続可能な発展に貢献する活動を推進しています。
コミュニ
ケーション手段
  • 納涼祭の開催
  • 献血、エコキャップ運動の実施
  • 地域清掃ボランティア
  • 募金、障害者施設への食材寄付
  • ウェブサイトでの情報公開
  • お問合せ等の受付
  • 業界団体等への参画(日本鍛造協会、日本鋳造協会など)